ホワイトニング(歯の漂白)

歯のホワイトニング(漂白)も行っています。
保定中や、矯正開始前の方にも可能です。

天然歯のみが対象となり、人工物は白くなりません。
マルチブラケット装置中の方には適用されません。
ホームホワイトニングは自宅でマウスピースとホワイトニング薬剤を使って白くしていきます。

歯の質を弱くするものではありません。
歯科医院で施術されるオフィスホワイトニングと比べ、自然な色調が得られまた後戻りもしにくいです。
1日あたりのマウスピース装着時間は2時間~で、期間は2週間~となります。

ホワイトニング マウスピース

フッ素と知覚過敏抑制剤入りの最新ホワイトニング剤で、効果には個人差があります。

ホワイトニングの費用

片顎あたり 25,000円(税込26,250円)
ホワイトニング施術料、マウスピース代、薬液(ホワイトニングジェル2本分)
ホワイトニング後、続けて矯正治療開始の方には割引制度があります。
→ 矯正施術料を10000円割引 実質 15,000円(税込15,750円)
ホワイトニングの手順

<医院で>
1、口中をチェックし、衛生士が歯を清掃し歯の表面の着色や歯石を除去します。
2、歯型をとり、マウスピースを作成します。(1週間ほどで出来上がります。)
3、マウスピースとホワイトニングジェルをお渡しし、その使い方などをご説明いたします。
<自宅で>
1、きれいに歯磨きをします。
2、マウスピースの歯のおもて側に接触する部分にジェルを注入します。
(ジェルの量は、1歯につき米粒1粒大です。)
3、マウストレーを歯に装着します。
トレーからジェルがあふれ出した場合には、ティッシュ等でふき取ってください。
(1日1回、2時間を目安に)
4、 時間が経過したらマウスピースを外します。
5、お口をよくすすいでください。歯磨きも可。
マウストレーを流水下で洗い、よく乾燥させた後、ケースにしまいます。


我々の歯の表層の半透明のエナメル質の真下の部位より、口腔環境の指針である酸性の度合いが下がりペーハー(PH)の数値が5.5から5.7より低い数値になると歯にとって大切なカルシウムやリンが溶解してなくなってしまいます。
歯の表層であるエナメル質に固着した歯石や歯垢などを取り去ることを歯科ではクリーニングと言いますが、さきほどの歯石や歯垢などは不愉快な虫歯の理由となりうるものです。「審美歯科 大阪」と言えば、患者目線での治療をコンセプトにしている大阪中央審美ホワイトニングサロンがおすすめです。徹底したカウンセリングを重視しています。
口の臭いの存在を一緒に暮らす家族にさえきくことのできない人は非常に多いとみられています。そんな場合は、口臭外来を探して口臭専門の施術を試してみる事をオススメします。
まず始めに、歯磨き粉を使わないで丁寧にみがく方法を習得してから、仕上げの時にほんのちょっぴりハミガキ粉を使用するとよいのではないでしょうか。
歯垢の事を果たしてあなたはどれくらい知っていますか?テレビやCM等でも幾度も放送される言葉なので、今まで耳にしたことがない言葉、そんなことはまずないかと想像しています。


歯科衛生士による在宅医療において必要とされるのは、真っ先に患者の口のなかを掃除してきれいにすることです。患者さんの口腔内が汚れている状態のままだと、雑菌が繁殖している不衛生な歯のカスをそのまま飲み下すことになりかねません。
長い事歯を使うと、歯の外側のエナメル質は徐々に減ってしまって弱くなるので、中に在る象牙質自体の色味がだんだん透けて見えるようになります。
ムシ歯に端を発する知覚過敏は、ムシ歯は思いの外激化していると察知され、痛さも継続しますが、そうでないケースは過渡的な痛みで片付くでしょう。
PMTCを利用して、ベーシックな歯ブラシでの歯みがきでは完璧に落とすことのできない着色汚れや、歯石とは異なるカス、ヤニなどをすっきり排除します。
歯にこびり付いてしまう歯石はプラークと質が違い硬いせいで、毎日の歯のブラッシングで取り去るのが厳しくなるだけではなく、そこが細菌が好む家となって、歯周病を発症させます。


このところ歯周病の根源を除去する事や、大元となる菌に冒された範疇を清潔にすることによって、組織が再び再生することが行えるような治療の方法ができました。
上の親知らずは下よりも麻酔の効用が上がるため歯を抜くときも鈍痛が伴うといった実例が少なく、痛さに弱い方だったとしても手術はあっけないくらいに容易に為されます。
艶やかで美しい歯列にしたい人は、英明に美容歯科医院を活用してみると良いでしょう。腕の確かな美容歯科では総合的に見て万全な医療を実践してくれるはずです。
審美歯科の治療とは見た目の綺麗さのみでなしに、歯列や噛み合わせの修正をし、そうすることで歯が持つ生来の機能美を蘇らせるということを突き詰める治療方法なのです。
口の開閉が起こす筋肉の緊張を少なくし、曲がった顎関節の奥を正しい値にする運動を取り入れたり、顎関節が動くのをより順調にする動作を実践してみましょう。

プロによる歯のクリーニングは、歯周病の元凶である菌の広がるのを食い止める確かな処置であると、科学的に明らかにされ、単に快いというだけではないとされています。
審美歯科の治療というのは、表面的なキレイさばかりではなく、噛み合わせや歯並びの修正によって、その所産として歯牙の機能美を取り戻すことを突き詰める治療方法です。
標準的な歯のケアを念入りに行えば、この3DSの作用で虫歯の原因菌の除去された状態が、多くの場合は、4ヶ月~半年くらい安定するようです。
針のない無針注射器シリジェットと痛みの少ないレーザー治療器を一緒に使用して治療することで、口内炎も虫歯も、あの苦痛をほぼ感じさせない施術することができるといわれています。
歯のカラーとは自然な状態で純粋な白色であることは無い事が多く、十人十色ですが、九割方の歯の持つカラーは、イエローっぽかったり茶色の系統に色付いています。

節制生活に注意し、唾液に因った修復作業にさらに拍車をかけるということを読み取り、ムシ歯の予防措置を重点的に斟酌することが願わしいのです。
親知らずを抜く場合に、とても強い痛みを避ける事が不可能であるが故に、麻酔を利用しない手術を断行するというのは、手術を受ける患者さんに過度に重い負担になることが予測されます。
仮歯が入ると、容貌もナチュラルで、食事や会話などの日常生活においてもまごつくことがありません。更に仮歯そのものによって、治療を受けている歯が被害を受けたり、歯列が動いてしまったりすることが全然ないのです。
審美歯科の治療現場において、このセラミックを使用するには、例えば歯冠継続歯の入替え等が存在しますが、詰物としてもあのセラミックを活用することができるとのことです。
患者が権利を有する開かれた情報と、患者の選んだ決定事項を尊重すれば、相応の仕事が医者サイドに対して厳しく要望されるのです。

口の開け閉めによる筋肉の緊張を解きほぐし、曲がってしまった顎関節の奥を正常化させるリハビリを実践したり、顎関節の動き方を順調にするトレーニングを実行します。
実用範囲がことさら大きい歯科用のレーザーは、バリエーションに富んでいて、これ以外にも多種多様な治療の現場に活かされています。これからの将来に一層期待がかけられています。
口腔外科というところは、むし歯や歯槽膿漏または入歯等の治療ばかりでなく、口内で発症してしまうあらゆる不調に立ち向かう診療科目の一つです。
歯垢のことをどの程度分かりますか?テレビやCMなどで四六時中聞かれる言葉なので、初めて聞いた、そんなことはまずないかと想像しています。
審美歯科にまつわる診療では、「悩みのタネはいったいどういうものか」「どういう笑顔を手に入れたいか」を十分に相談をすることを大前提にしてスタートします。