一歳半の子供が、エナメル質形成不全と言われています。

一歳半の子供が、エナメル質形成不全と診断されました。春に初めて歯科に行き、2回目を7月に、次回は、4ヶ月後ぐらいに来院するようにと言われました。

かなり、歯も短くがたがたで、かなり虫歯が悪化しているように思います。
保健所でも「神経までいくと大変なことになります。」と言われましたが、歯磨きも泣き叫ぶ中がんばってしていますが。
来院の期間がそれだけあくと、もっと進行するのではないかと心配になります。
まだ治療が出来る年齢ではないとのことですがこのペースで大丈夫でしょうか?

あと、現在の治療の内容について、あまり説明がありません。


エナメル質形成不全は、さまざまな原因でエナメル質の形成が先天的に障害される疾患で、何らかの局所的、全身的障害がエナメル質の形成時期または発育時期に加わって生じるもので、肉眼的あるいは組織学的に種々の異常を呈し、1歯の一部に現れるものから全歯に現れるものまで多様です。また乳歯、永久歯ともに発症します。

障害を受けた歯胚の発育時期、障害の種類、強さなどによってこれらの変化の現れ方は異なり、エナメル質の発育の初期であるほど、また、障害が強いほどエナメル質の変化が著しく現れるといわれています。また、遺伝によるものの場合もあります。

一般に明らかな肉眼的にエナメル質形成不全は、永久歯では10%程度、乳歯ではそれより少ないといわれてます。学童の5~18%が欧米で認められるといわれています。軽度の場合には、エナメル質に限局性の白斑や小窩が発生し、障害が強くなると、エナメル質の表面に環状の凹窩、溝、不規則な欠損を生じ、大部分のエナメル質が形成されないこともあります。

より進行すると、象牙質が露出し、黄色を呈していることもあります。
エナメル質形成不全歯は外観が悪く、齲蝕にかかりやすいので、歯冠修復処置がお多く行われています。

ご心配でしょうが、まだ生えはじめで、そうと決定づけられるものではありませんので、しばらく様子をみられて、お近くの小児歯科でご相談されることをお勧めいたします。
子どもの乳歯の虫歯は、永久歯の虫歯よりも進行が速く、当然治療も必要ですが、これ以上進行させないための予防が最重要です。

まず、虫歯予防の食生活をチェックしてみてください。

・水、お茶などよりジュースやスポーツドリンクを多く与えていませんか?
・市販のお菓子や清涼飲料水をよく飲ませていませんか?
・規則正しい生活リズム「食べて、寝て、遊ぶ」ができていますか?
・寝る前でもおやつは欲しがるといつでもあたえていませんか?
・必ず朝晩の仕上げ磨きは行っていますか?
・お母さん自身にも放置している虫歯はありませんか?

以上の点に思い当たることはありませんか?
いくつかあれば改善が必要です。

おやつは、時間、回数を決める。それ以外には与えない。
のどが渇いたら水、お茶にする。
キャラメル、あめ、チョコレートなどの粘着力があり、甘いものは特に注意が必要です。

乳歯から永久歯への「はえかわり」が6歳前後になると始まり、いよいよ一生使う「大人の歯」が生えてきます。
今から意識をしっかり持って、永久歯を虫歯から守りましょう。

虫歯の発生する時間帯は食事、おやつの3~30分といわれています。
このときに口の中が酸性の傾向になるため、むし歯菌の活動が活発になります。ですから、食べたら直ぐ磨く習慣が大切です。

また、フッ素塗布やフッ素洗口も有効です。
自宅でも行えるものもあります。
成長に伴ってお子様も徐々に治療が可能になっていでしょうから、温かく見守ってあげてください。

プロによる歯のクリーニングというのは、歯周病の源である菌のはびこるのを防御する優れた手段だと科学的にも証明され、ただ漠然と爽快なだけではないと考えられています。
あなたもご存知の通り口内の唾液はいかにもすっぱそうな物や、美味しそうに見えるものを目にすると自然に分泌されますが、以外なことにムシ歯や歯ぐきの歯周病を阻止するのに効果的なのが前述した唾液です。
気になる口臭を和らげる効き目のあるドリンクにコーヒーの名前があげられますが、あまり飲み過ぎるとなぜか口腔内がパサパサに乾燥し、皮肉にも口の臭いのきっかけとなるそうです。
長い間歯を使い続けていると、歯の表層であるエナメル質はだんだん摩耗してしまって脆くなるため、なかに存在する象牙質自体の色味がだんだん目立ち始めます。
虫歯や歯周病などが痛み始めてから歯科に行くケースが大多数ですが、予病気防のケアのために歯科に通うのが本当はおすすめできる姿でしょう。


歯肉炎ができてしまうと、歯のブラッシングの時、リンゴをかじった時、歯茎から出血したり、歯グキがどことなくむず痒い等のこうした病状が出ます。
この頃は医療の技術開発が一気に進行し、針の無い無針注射器シリジェットや様々なデンタルレーザー治療器を使うことで、だいぶ痛みを減らせる「無痛治療」という方法が用意されています。
どのような職業の社会人においても該当しますが、例えば歯科に勤務する歯科衛生士のような患者のいる医療関係の現場に勤めている人はとりわけ仕事中の身嗜みに万全の注意を払わなくてはいけないとされています。
カリソルブという薬は割かしできて間もないむし歯治療には効果がありますが、ひどく進行したむし歯治療には使用することができないので、その点のみご承諾いただきますようお願いします。
針のいらない無針注射器のシリジェットと痛みの少ない様々なレーザー治療器を取り入れて処置すると、口内炎から虫歯まであのイヤな痛みをほぼ感じさせずに治療がする事ができるようです。


長い期間歯を使用し続けていると、歯の表面を覆うエナメル質はいつのまにかすり減って薄くなってしまうので、なかの象牙質自体の色味が段々と目立つのです。
歯を長い間保つにはPMTCは大層重要なことであり、この治療が歯の処置の後の状態を半永久的にキープできるかどうかに強い影響を及ぼすのも現実なのです。「大阪 ホワイトニング」と言えば、治療コンセプトもしっかりしている大阪のミント歯科がおすすめです。科学的根拠に基づいたホワイトニング治療しか行いません。
口腔外科という所は、その持ち味として、顎口腔治療を主眼に置いているために、内科方面の処置や精神的なストレス障害などに及ぶまで、受け持つ範疇は大変幅広く存在します。
歯の表面であるエナメル質にくっついた歯垢や歯石等を取り去ることを総称してクリーニングと言いますが、先ほどの歯垢や歯石等は不快な虫歯の誘発事項と言われています。
ベーシックな歯のケアを言われた通りにしてさえいれば、この3DSの結果、ムシ歯の原因菌の減った状態が、ほとんどのケースでは4ヶ月から6ヶ月ほど継続できるようです。

この頃は医療の技術開発が一気に発達し、なんと無針注射器シリジェットや様々なデンタルレーザー治療器を使うことで、痛みを随分軽減する事のできる「無痛治療」という治療方法が在るのです。
仮歯が入ると、容姿が自然な感じで、食事や会話等の日常生活においても戸惑いません。その上仮歯があるために、処置を受けている歯が傷んだり、歯列が乱れてしまったりする事がないと言えます。
人の歯牙の表面を覆っている硬いエナメル質のすぐ下の部分から、口腔酸性の度合いがペーハー(PH)の値が5.5から5.7より小さくなると、カルシウムやリンなどが溶解して消えてしまいます。
外科処置を行う口腔外科という科目は、その特殊性として、顎口腔の機能を主眼に置いているので、内科方面の治療やストレス障害等にいたるまで、担当する項目はとても幅広く存在するのです。
当然医師が多いので、じっくりと患者を診てくれそうですが、思いのほかそんなところはまるで流れ作業のように、患者を施術する所も実在します。

むし歯や歯周病が進行してから歯科医院に出かける人が、大多数だと思いますが、予防しに歯のクリニックに定期的に通うのが実は理想の姿でしょう。
よく知られている歯を白くするホワイトニング処置は、歯の外面の汚れ等を念入りに掃除した後に実施するのですが、自宅でできるホームホワイトニングと“オフィスホワイトニング”の2つの選択肢が存在します。
口角炎のなかでも大変うつりやすい環境は、子どもと親の間での接触感染だと思われます。これだけは、親の子への愛情によって、いつも近くにいるのが最大の原因です。
入歯という人工的なものに対して描かれるマイナスのイメージや偏った考えは、自らの歯牙で噛んだときとのギャップを比べて考えるがために、期せずして増大していくのだと察します。
歯の色というのは自然な状態でピュアな白色ではなく、一人一人違いますが、ほとんどの歯の持つ色は、黄色っぽい系統や茶色の系統に色づいています。

歯科で使われているエムドゲインを歯周外科治療の施術中に患部に塗ると、最初に歯が生えてきたようなシチェーションと等しく、しっかりとへばり付く歯周再生の活性化が期待できます。
乳歯は永久歯と違い、歯のエナメル質や象牙質等の分厚さがおよそ半分程しかありません。一層歯の再石灰化力も強くないため、むし歯の菌に容易に溶かされてしまうそうです。
歯表面にプラークが付き、その部分に唾液に含まれているカルシウムや他の数種類のミネラルが一緒にくっついて歯石が出来上がるのですが、その責任はプラークなのです。
セラミックの施術といわれているものにも、様々な種類と材料が用意されているので、担当の歯科医師としっかり相談し、自分に適した施術方法を選択してください。
プラークコントロールと聞くと、毎日の歯みがきを思いだすケースが大方だと見込んでいますが、実際はその他にも色々なプラークコントロールの使い方があるそうです。